スポンサードリンク




2008年12月11日

 こんにちは、中村です。最近、空気が乾燥していますので、朝起きると喉が痛いのですが、皆様は大丈夫でしょうか?トレードもある意味体力勝負っ!体調管理はリスク管理同様大事ですよね。
 さて、10日のニューヨーク市場は「米自動車メーカー救済案への不透明感」と「ユーロ高」と言ったところでしょうか。このところのNY市場では円絡みの取引に方向感があまりなく、ドルストレート(ユーロドルやドルスイス)の動きが中心になっております。とくにユーロドルの上昇が目立ちますね(ユーロポンドがユーロ導入来高値を更新していることもありますが)。
 また、注目の「米自動車メーカー救済案」に関してですが、10日東京市場では基本合意に至ったとの報道が流れ。これを受けて10日夜(NY時間朝)には最終合意できてトントン拍子に議会を通過して今週中には大統領に送付して。との空気が当初あったのですが・・・徐々に怪しい雲行きに。共和党との折り合いがなかなかつかずに調整が難航しているようです。
 思い出されるのは金融安定化法案を米下院が否決した9月29日。まさかまさかの・・・否決でした。株価も「まあ余裕でしょう」的な感じでグングン上がっていましたが、過半数に届かないと分かると、そこから急落です。ダウ平均株価の下げ幅は過去最大となりました(リアルタイムでCNBCを見ていた方は鮮明に覚えていらっしゃるでしょう)。
 たぶん、まだこれが皆さんトラウマになっていますので、逆に「米自動車メーカー救済案」が難航しているとの報道くらいではあまり反応はしないようですね。さすがに、議会でまた否決されたら反応はあるでしょうが。とくに現在はネタが少なくなってきていますでの、しっかり法案関連のニュースはチェックしたいところですね。


 さて、通貨オプション市場ではドル円の予想変動率(インプライド・ボラティリティー)がこのところ低下傾向にあります。1カ月物アット・ザ・マネー(ATM)は10月27日に付けた38%台半ば付近からは半値ほどの水準まで下げています。ドル円の90円台前半は依然円高・ドル安水準ではありますが、「目が慣れてきた」ということでしょう。ここから円安・ドル高が進むと考えている参加者が多いということではなく、あくまで最近のレンジ相場で値幅が以前よりは縮小傾向にあるということでしょうか。
 ドルのコール(買う権利)オプションとプット(売る権利)との比較で持ち高の偏り具合を示すリスクリバーサル(ドル高方向への変動率からドル安方向への変動率を引いた値)をみると、マイナス7.9%前後となっております。なかなかこちらもマイナス幅が縮小しておりません。ちなみにこれはドルプットオプションの需要がコールオプションの需要よりも高い水準にあることを示しております(ドルプットオーバーというやつですね)。


 日経225オプションのこと書けよとの突っ込まれてしまいそうですが、来週こそは書かせて頂きます!

globalinfo at 09:24

2008年12月10日

こんにちは。中尾です。
 10日の東京市場、前日のNYダウが下落したにも関わらず日本株が上昇し上げ幅を広げているため、オセアニア通貨やユーロなどに対し円売りが進んでいます。NZドル円も13時過ぎ時点では50円台後半まで上昇してきています。ダウ先物などが堅調に推移していることも影響しているようです。{ホワイトハウスと議会が米自動車業界への支援策で合意のめどがつき、NY時間の水曜日朝に採決する見通しというWSJの報道を受けた格好です。}
 ちょうど一週間前に、GM、フォード、クライスラーがいくら必要かを公聴会で述べていました。つなぎ融資ということなので、問題を解決というよりも年は越せるようにしたという事です。つなぎ融資が底をつけば・・・だとおもいます。あまり株高⇒円売りがどんどん進むという展開は期待しないほうがよさそうです。戻りは売りたいと個人的には思っています。
 ドル円などロングでスワップがマイナスになっているので、かなり上値は重そうです。輸出の売りもあると思いますので。
 あとは年内の大きな材料としては、来週のFOMCだけとなりました。それが終わるとクリスマス前に徐々に参加者は減ってくるのではないかと思ってます。

 さて、今日も一冊取り上げなくてはいけませんが、
 
 予想通りに不合理 predictably irrational

というアメリカでは既にベストセラーになっていて、日本でもかなり売れている本です。
内容はといいますと、

米金融機関のCEOの報酬はなぜどんどん上がっていくのか?
2択では選択できないものが、3択にするとうまく選択できる(それも、選択肢を作った側が選ばせたい選択肢をコントロールできる)
アンカリング(一番最初の印象が、後々の判断の基準となり覆すのが難しい)について
無料という言葉の魔術
などなどです。(他にも沢山面白いものがあります)

目次を読んで、他人との無限の比較をしていては永久に満足は得られないということが書かれているかと思ったのですが、自分のこれまでの行ってきた判断が、本当に適切だったのか考えさせられる内容でした。
現にある雑誌を年間購読しようと一年間の値段を調べたことありました。一年間購読を契約すると1冊1150円が609円へ、二年間購読の契約をすると615円、3年だと558円になるとなっていました。
値段設定をした人のインセンティブが良く分からなかったのですが、この本を読みまして理解できました。気になる方は是非読んでみてください。
 あと、アメリカのベストセラーでブラック・スワンという本も勉強になるそうです(まだ翻訳されてないですね)

ということで、また来週書きますね



globalinfo at 14:18

2008年12月09日

皆様、こんばんは、

火曜日の担当タマラです。今日は先週の引き続き、トルコと南アフリカの話を書いてみたいと思います。

エマージング諸国の中、比較対象としてよく選ばれる国のペアといえば、インド・中国、ロシア・ブラジル、南アフリカ・トルコ等です。その選択自体が市場関係者の考え方について面白い事実を物語っているような気がします。例えば、インド・中国の場合、人口の規模や成長率が共通点として見なされるようです。一方、ロシア・ブラジルの場合、資源の埋蔵量や過去に経済危機があったという類似があり、これを参考に分析すると、相違点が探りやすくなると考えられるでしょう。

さて、南アフリカとトルコはどうでしょうか。面積、人口、地政状況、経済歴史、経済構成等が大きく違い、比較する余地がほとんどないように見えるかもしれませんが実は意外のところに共通点がありました。これは両国が抱えている問題の内容です。トルコの9月経常赤字は前年と比べて大きく減少したものの、今年の見通しがGDPの6%に相当すると予測されます。去年の4.5%というデータに比べて大幅な拡大となりそうです。また、南アの経常赤字が9月の時点で既にGDPの6.5%に達し、去年の4.4%からの増加がトルコの数字さえ上回っています。両国のインフレも最近、鈍化の兆候も見え始めたものの、未だ高い水準に留まっています。トルコの年間インフレ率が14−15%の範囲で予測され、南アフリカの年間インフレの見通しが現時点で12.5%と見られています。そのため、両方とも利下げのタイミングや下げ幅に対して極めて慎重な姿勢をとっています。そして、最後の類似点は通貨の高いボラティリティです。今年の8月以来、ドルに対してランドが30%、リラは36%下落しました。これはせっかく鈍化し始めたインフレにとってはマイナスの要因です。

上記の条件を考えれば、両国が同じ位厳しい現状に置かれていることは一目瞭然です。さて、これからの動きも似てくると想定しても妥当でしょうか。私にはそう思えません。これからの展開に次の要因が大きな影響を与えるでしょう:〇餮擦陵入出構成、海外融資の可能性とその規模、政治的なリスクという3点です。これらの要因を踏まえると、どちらの方が有利な立場におかれているでしょうか。

みなさんは、どう思われるでしょうか。私の考えは次回に説明させていただきたいと思います。それでは、また来週お会いしましょう。



globalinfo at 19:37

2008年12月08日

 こんにちは、ショウさんです。
 まずは前回のおさらいです。といっても前回は

(収入−支出=貯金)×利回り

という式を、お金の貯まる式として紹介しただけでした。ではこの式について考えてみましょう。お金が貯まるといいましたが、さすがにこれを知っているだけでお金が貯まるほど、単純ではないのですよねー。この式ははお金の流れをシンプルに表したもので、お金の流れがわかっていると、お金の貯め方もわかってくる!というものです。式の内容を一つずつ見ていきましょう。
 まず収入。これは入ってくるお金のことです。仕事をしていれば給料でしょうし、働いていない場合はお小遣かもしれません。それら入ってくるものをまとめて収入と書いています。
 次に支出。これは使ったお金ですね。ご飯を食べたり、本を買ったり、その他もろもろ…。使ったものは全て支出というくくりに入ります。
 そして、収入と支出が決まれば、残ったものは貯金になります。収入より支出が多ければ貯金は出来ません。(赤字です)対して支出より収入が多ければ貯金が出来ます。(この貯蓄と消費のバランスでわかりやすいものに貯蓄性向、消費性向というものがあります。これはまた後ほどご紹介します)そして貯金が出来れば、これを銀行に預けたり、FXで運用したりすることができます。そして運用の結果、お金がどれぐらい増えたり減ったりしたかを見るのが利回りです。銀行なら年何%、ほかなら何%というものです。こうやって全て出揃うと、あとは何をすれば良いのか、ちょっと見えてきたのではないでしょうか?

『収入を増やして、支出を減らして、利回りを大きくする。』

これであっという間にお金持ち!というほど単純ではないのですが、この辺りのことを今後具体的にしていきます。途中脱線することがあってもお許しくださーい。



globalinfo at 09:16

2008年12月06日

おはようございます、Mです。

≪小技1≫
通常、Excelファイルを複数開くと全て同一EXCEL内にOPENされます。(各ブックはメニューバーの「ウィンドウ」で切り替える事になる)

マルチモニタで作業をしていると、
独立したEXCELを2つ立ち上げたくなる事があると思います。
(あります…よね?)

この場合、
「ファイル名を指定して実行」→「excel」を実行する事で、完全に独立したEXCELを複数立ち上げる事が出来ます。

ショートカットを使って [Wiondows]キー+R → excel(エンター)とすれば1秒位しかかかりませんし、かなり楽チンです。

他に、スタート→プログラム→Microsoft Office→Excel でもOKです。※WordやAccessでも可能ですが、パワーポイントは不可!

1.EXCELを2画面分広げてブックを2つ開いた場合


2.EXCELを2つ立ち上げて、それぞれブックを開いた場合


画像が小さ過ぎて違いがよく分かりませんね…。

以上です!



globalinfo at 00:20
スポンサードリンク
広告


マットキャピタル
風を読む
グローバルインフォ
プロの目線

記事検索