スポンサードリンク




2008年12月18日

 皆様こんにちは、木曜日担当の中村です。気が付けば今年も残るところ半月をきりました。さて、自分の番では、ショウさんから「国内株式、オプションについて書け」と言われております。今年の反省を込めて、去年12月下旬から今年初めにかけて大失敗した体験談を・・・

 昨年12月の日経平均株価は1万5000円台で危うさがありつつも比較的安定した値動きが続いておりました。もちろんサブプライムローン問題(久々にこの言葉を書いた気がしますが)を発端に米住宅市場の調整長期化(ちなみにこの頃はまだ世間は調整と見ていた雰囲気があった)と米景気減速への懸念(全米経済研究所は米経済が2007年12月からリセッション局面に入ったとの判断を発表しましたが・・・もっとも早く言ってくれよという感じですよね)などを背景に下げる場面があったり、投資ファンドの換金売りなども見られました。半面、中国株相場が堅調に推移していたことやドル円がまだ114円台にあり、買い安心感もあったことが相場を支えているという感じでした。1万5000円ちょうど付近では売り方の買い戻しも散見されてましたしね。
 ただ、どちらかというとやはり年明けは「6:4」くらいで下げる、と思っていた向きがあったように思います。もっと多かったかもしれせません。どちらにしろ年明けに株価は上げると見方のほうが少なかったのでは(やや曖昧な部分はありますが)と記憶しています。

 ところで、皆さんは「年末ジャンボ宝くじ」買いましたか?いよいよ明日までになりました。新橋駅前のチャンスセンターは終日賑わっておりますが・・・。この宝くじ!どう考えても期待値が低い。パチンコなどのギャンブルと比べても、圧倒的に期待値(中学生の頃、数学で出てきましたね)が低い!

 ということで、ギャンブル的な発想でオプションの買いで年明けのSQを待とうと思い立ちました。昨年12月28日の大納会(前場のみ)で250円超下落。その日にたしか権利行使価格1万6000円のコールオプションを買ったと記憶しています。ただ、ひとつ上の1万6500円のコールを売って多少は投資金を節約したと思いますが(買ったオプションの権利行使価格のひとつ上を売った場合は損失限定・利益も限定となります)

 結果は1月4日の大発会で日経平均株価は600円超下落。皆様ご存知のようにその後もどんどん株価は下げて・・・買ったコールのプレミアムはあっという間に剥げてしましい、ほぼ無価値に。結果だけ見ると「宝くじを買った方が夢がある」と1年経った今は思います。トレードとしてならば、せめてロングストラドルかロングストラングルとかにすべきだったのでしょうが。ただ、逆に考えたらこの時は「プットの裸買い最強」と言えたのかな?と思います。なお、いくら年末だからといってギャンブル的にFXや日経225先物などの証拠金取引で上か下を狙うのは利益無限ですが損失も無限ですのでやめておきましょう!

 今となっては苦い思い出ですが、その分『失敗したところでやめてしまうから失敗になる』(松下幸之助)との言葉を胸に今年1年歩めたかなと思います。ちなみに「トレード」と「ギャンブル」を同じ土俵で語るな、という突っ込みはなしでお願いします。重々、承知しております。


 それでは、また来週書きます。

globalinfo at 12:05

2008年12月17日

こんばんは。中尾です。

16日の最大のイベントFOMC、驚かされましたね。
時間も6分ほど発表が遅れましたし、政策金利も0.0%から0.25%の範囲に引き下げるという異例のFOMCでした(スイス中銀に感じは似てますね)
実質ゼロ金利ということで、ドルもファンディング通貨に仲間入りした格好です。
GIで朝方に配信している対ドル騰落率ランキングでもドルと金利差の大きいNZドルや豪ドルなどのオセアニア通貨などが上位に来ていたことからもファンディング通貨となったことがいえそうです。ただ、株価が急進したためこれまでの過度のリスク回避姿勢が後退したという「過度」というのが取れただけでドルロングが切らされたというめんもあるでしょう。新規にドル売り、高金利通貨買いが進むにはもう少し時間がかかるのではないかと。

さて、自分の番では、ショウさんから「経済に関する本を取り上げるように」といわれているのですが、今週は経済関係ではちょっと読んでいないので見城徹・幻冬舎社長の「異端者の快楽」を読んだので書きます。

最初みた素直な感想は「また書いてんの??」というのが素直なところでした。
というのもこの前に「編集者という病い」という本を出版されてるのですが、そのなかで、あまり本は出したくなく、この本を担当した編集者を良く知っているので出したというようなことが書かれていて、もう本は出さないのだと勝手に思っていたからです。
ただ、「顰蹙は金を払ってでも買え」「薄氷は薄くしてから踏め」という刺激的な言葉が帯に載っているのですが、その理屈からすれば本を再び出すのは問題なさそうです。

さて、内容なんですけど、「編集者という病い」とかぶるところもありますが、内容にぶれは無い感じです。一貫して尋常ならざる努力をしたからこそ今がある、ということが書かれています。文字にすると薄っぺらいですが、その過程が事例を挙げてふれられています。
一応、尾崎豊のこと、石原慎太郎、中上健次などとの対談、また、講演の内容を文字に起こしたものが書かれています。幻冬舎は上場していますが、会社を作ったときは4ほどしかいなくて、「100人が100人失敗するといってるぞ」といわれ、失敗することすら望まれていると。
その状況下にあえて自分を追い込んで、郷ひろみの「ダディ」を50万部初版でするという賭けを成功させたなどなどが書かれています。
さすが辣腕編集者だけあってモチベーションを高める内容となっています。

まだ出版されたばかりですが、ぜひ読んでみて下さい

来週は経済・金融関係の本を取り上げるようにします



globalinfo at 20:20

2008年12月16日

皆様、こんばんは、

火曜日の担当タマラです。皆様はトルコと南アフリカの通貨優位性についてお考えになられたのでしょうか。どういう結論に至ったのでしょうか。
私はやはりリラがランドより復活する可能性が高いと思います。簡単に言えますと両国の弱点がほぼ一致しているものの、トルコには南アフリカが持っていない強みがあります。先ず、南アと比べて、トルコの地政学的リスクが低いことが取り上げられます。確かに、クルド人の独立派武装組織による国内テロ事件が発生していることもあるものの、政権の安定や統一した政治方針が特に危機的な状況の中、極めて重要であると思います。南アの与党分裂や労働組合の政府への圧力を考えれば、トルコの優位性が明らかになります。
なお、もう一つの大事な条件は融資や直接投資の見込みである。両国は海外資本の流出という大きな問題点を抱えているがトルコは欧州復興開発銀行(EBRD)に出資する国の中に初めて同機関からの6億ドルの融資を受けることに成功し、世界銀行の支援も大いに期待している。また、12月に入ってからは政府が湾岸アラブ諸国の投資ファンドからの100−150億ドルの融資を調達する計画を公表しました。これに加えて、今、話題を呼んでいるIMFとの新協定が締結されれば、400億ドルの融資に加えて、信用回復によって資本流出を引き止めることができるに違いないです。
トルコ政府は1998年や2001年の危機から沢山のことを学ぶことが出来たようだ。この苦い勉強の成果が今となって大きな支えに代わりつつある気がします。

 



globalinfo at 18:23

2008年12月15日

 こんにちは、ショウさんです。

 まずは前回同様おさらいから。前回はお金が貯まる、お金の流れがわかるシンプルな式として

(収入−支出=貯金)×利回り

というものをご紹介しました。そしてこの式から、

『収入を増やして、支出を減らして、利回りを大きくする。』

を実践していければ、お金が貯まるとご紹介しました。

 今日はこの3点について、少し突っ込んで見てみます。まずは『収入を増やす』ということですが、これは今の仕事を一生懸命にやって、現在の仕事の収入を増やす。これが見込めない場合であれば、アフィリエイト等の副業で稼ぐという手段もあります。状況によって働けない場合は何かしらの形で『もらう』というのも『収入を増やす』ということに繋がるかと思います。
 次に『支出を減らす』についてです。これは節約するということが真っ先に頭に浮かびます。実際にそれ以外の手段は中々思い当たりませんね。難しいのは、どこを減らすかです。全てにおいて支出を最低限でやっていこうとすると、必ずといっていいほど、周りから見ると、ケチな人間に見えてしまいます。出すところは出して、締めるところは締める。という心持ちのもと、『支出を減らす』ことを考えたいですね。
 最後に利回りです。これはFXを始めとした資産運用を行っていくということです。ただ資産運用は気をつけないと、失敗してしまえばマイナスになってしまうこともあります。銀行預金などであればほとんど0に近いとはいえ0になることはありません。資産運用にはリスクが伴います。ただある程度のリスクとらないと、ある程度の利回りは望めません。今回は前回と重複する部分もあったかと思いますが、この

(収入−支出=貯金)×利回り

という式はとても大切だと思っていますので、詳しく説明させてもらいました。そしてこの式を使う上で、今の市場環境はどれを実践しやすいのか?ということを考えていただけたらと思います。どういうことかといいますと、今のように金融不安が巻き起こっているような時期に、本業にしろ副業にしろお小遣いをもらうにしろ、収入を増やす。ということは難しいと思います。また株式、為替共に悲惨な中、利回りを上昇させることも難しいでしょう。
 対して、インフレ率が大幅に低下していく中で、今後食料費の価格が下がっていくだろうことは予想されます。そうなれば、食費を削っても生活レベルを落とさないということも可能かと思います。よって、今の環境であれば『支出』という分野を抑えるのが一番手っ取り早いのではないでしょうか?皆が皆が支出を削ると、経済活動が滞って景気は一向に回復しないことになりますが、それは知っている人だけが知っているということで・・・。




globalinfo at 09:21

2008年12月13日

おはようございます、Mです。

≪ちょっと便利 (かもしれない) な設定≫

■PDFファイルをブラウザ内で開かない方法

通常、PDFファイルへのリンクをクリックするとブラウザ内でPDFファイルが開かれます。

1.こんな感じ ↓
M

















「PDFファイルを開いているのにメニューバーはIEのまま」というのは使い勝手が良くないと (私は) 思います。

そこで以下の設定 ↓
M










【環境設定】 → 【インターネット】 → 【PDFをブラウザに表示】
このチェックボックスをOffにすれば、PDFファイルへのリンクをクリックした時にブラウザ内で開かれず、Adobe Reader 9 が起動してそこにPDFの内容が表示されます。

≪ちょっと便利 (かもしれない) な設定≫をもう1つ。

Adobe Readerが起動すると、↓のような画像が表示されます。
M










画面の最前面に表示されるので、作業中のアプリが隠れてしまって邪魔に思った事はありませんか?

そんな時はこれ! ↓
M



















【環境設定】 → 【一般】 → 【スプラッシュスクリーンを表示】のチェックをOffにすればOK!

以上です!



globalinfo at 00:10
スポンサードリンク
広告


マットキャピタル
風を読む
グローバルインフォ
プロの目線

記事検索