スポンサードリンク




2008年12月29日

 こんにちは、ショウさんです。

 年末ですし、先週宝くじの話をしましたので引き続き宝くじの話しを。

 前回期待値について簡単に書かせていただきましたが、その後も色々と調べてみました。そこで見つけたのが、今年の年末ジャンボ宝くじの当選金の明細です。こちらは販売額が2100億円となっています。表を見ていただくとわかりますが、当選金の合計が993,9300,0000円(993億9300万円)です。販売が2100億円で当選が1000億円弱。半分以下しか戻ってこないですね…。前回は還元率が50%前後といいましたが、年末ジャンボに限って言えば、50%を切ってしました。ん〜年末に夢のない話で申し訳ないです!それではよいお年を!!



等級 当せん金   本数    
1等 200,000,000 × 70 14000000000
1等の前後賞 50,000,000 × 140 7000000000
1等の組違い賞 100,000 × 6,930 693000000
2等 100,000,000 × 140 14000000000
3等 5,000,000 × 700 3500000000
4等 100,000 × 42,000 4200000000
5等 10,000 × 700,000 7000000000
6等 3,000 × 7,000,000 21000000000
7等 300 × 70,000,000 21000000000
ジャンボ30年感謝賞 1,000,000 × 7,000 7000000000
合計 356213300 × 77756980 99393000000






globalinfo at 11:17

2008年12月27日

 こんばんは、中村です。
 今週の米国株相場は比較的落ち着いた値動きとなりました。S&P総合500種指数は850−880ポイント台での値動き。もっとも、今週はクリスマスやボクシング・デーで欧米の市場参加者が激減していただけということもありますが。
 米連邦準備理事会(FRB)が24日、自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)が出資する金融会社GMACの銀行持ち株会社への転向を承認すると発表したことなども完全に消化されてはいないかもしれません。本格的に欧米勢が戻ってくる来週以降の動向を見極める必要がありそうです。

 一方で、株価の落ち着きを背景にシカゴ・オプション市場(CBOE)で、S&P500種株価指数オプションの値動きに基づいて算出される変動性指数(VIX)が低下するなど、市場の落ち着きを示す数値が目に付きます。11月20の80.86から本日は10月1日以来の低水準となる43.90まで低下しています。株式市場の落ち着きは、為替市場の安定をもたらします。このまま、ボラティリティーが低下していくを願いたいところです。
 ただ、市場関係者からは「依然として(VIX)の水準は高く、不透明感が強いことを示唆している。ボラティリティーは来年上期も持続する可能性が高い」との声も聞かれています。

 個人的にはVIXの40という水準がポイントになると思っています。この水準を割り込んで低下するようなら・・・。逆に再び上昇して50を上回ることになれば・・・。
 ちなみに、VIXはこちらから確認出来ますのでご参考までに!


globalinfo at 02:53

おはようございます、Mです。

以前、香港のヘッジファンドで自動売買システムを使ってトレードをしたことがあります。

自動売買システムで一番重要なのは何といっても「ロジック」ですよね。システムそのものは本当に簡単なもので、EXCEL VBA + API で作成したものです。

そんな簡単な自動売買システムですが、一度も落ちることなく組んだロジック通りに自動で売買してくれたので、後の業務はとても楽なものでした。(基本、パソコンの前でジュースを飲みながら売買の様子を見ているだけ)

システムには感情が全く無いので、一喜一憂する事無くプログラム通り忠実にトレードをしてくれます。
感情が無いというのはメリットでもありデメリットでもあるんですけどね。



以上、Mでした!!



globalinfo at 00:33

2008年12月26日

こんばんは。樋山でございます。

さて、クリスマスも終わり、今年も残すところわずかでございます。
小職はと言いますと、年の瀬にもかかわらず、相も変わらずバタバタしており、まだまだ余裕に欠け、営業マンとして、来年もより一層の精進をせねばならぬな。とつくづく感じておる次第でございます。

さて、タイトルの件ですが・・・
GI24をご導入いただいております、インヴァスト証券様からこの様な本が出版されました。

FX投資家のための賢い税金の本―確定申告書の記入例満載!
■表紙のみ











これは、正直な所、私も勉強になりました。
様々なケーススタディが記載されております。
例えばサラリーマンの人で・・・とか、くりっく365をやる人ならば・・・とか、相対取引(OTC)を利用する人ならば・・・と、FX投資家のためのマストツールでございます。
細かい書き方まで記載されておりまして、勉強になりました。というよりも、びっくりしました。
こう言うと怒られてしまうかもしれませんが、
「よくも、ま〜こんなに手間のかかるの作ったな〜」と思ったり・・・

にもかかわらず、価格も600円とリーズナブル。昼飯一回分ですね。

そろそろ、時期でございます。来年から税金関係の話が義務化されますから、これは教科書として重宝されること間違い無しでございます。松田哲さんも大絶賛していらっしゃったようです。


それとこれはオマケなんですが・・・
小職、せん越ながらFX攻略.comという雑誌にてページを頂戴する運びとなりました。
弊社のタマラもページを頂戴しております。

もし宜しければ、見てやってください。


globalinfo at 19:06

2008年12月24日

こんにちは。中尾です。

前週末の19日、米ブッシュ大統領はGMとクライスラーに対してつなぎ融資を決定しました。総額は174億ドルでそのうち134億ドルは不良資産救済プログラム(TARP)から拠出する形です。GMなど不良債権だということが名実共に示されています。{GM134億ドル、クライスラーが40億ドル}

12月29日までにGMに対し40億ドル、1月16日までに54億ドル、残りは議会の承認をえて2月末までに融資されます。
オバマ次期米大統領の就任が1月20日ですから、まぁ、オバマ政権に問題を押し付けただけですね。

株価もシビアで、19日は上昇したのですが、週明け22日は22%下落、昨日も15%ほど下落し3ドルになっています。
(もともと株価が低いのので少し動いただけでも率は大きくなりますが)

米国株も、自動車業界の破綻可能性がくすぶっているため上値が重い展開です。

一方、日本のトヨタ自動車も上期の利益を吹っ飛ばして、通期で赤字となる見通しで昨日はADRが売られてました(今日も商いを伴って下げています。)
会社内のトイレのジェットタオルの電源は抜かれて使用出来ないように紙が張られていると伝える報道もありました。

日米ともに株価がさえないとなると、為替のほうもリスクマネーが戻るということがかなり厳しい感じです。高金利通貨などでも、まだまだ利下げ余地もある通貨もあるので、短期的に戻す場面があっても、本格的に上昇基調を取り戻すには時間が掛かりそうですね

自分の番では本を取り上げてくださいというショウさんからいわれていますが、今週は読めませんでした、スイマセン、来週は書きますんで



globalinfo at 13:52
スポンサードリンク
広告


マットキャピタル
風を読む
グローバルインフォ
プロの目線

記事検索