スポンサードリンク




2008年12月16日

皆様、こんばんは、

火曜日の担当タマラです。皆様はトルコと南アフリカの通貨優位性についてお考えになられたのでしょうか。どういう結論に至ったのでしょうか。
私はやはりリラがランドより復活する可能性が高いと思います。簡単に言えますと両国の弱点がほぼ一致しているものの、トルコには南アフリカが持っていない強みがあります。先ず、南アと比べて、トルコの地政学的リスクが低いことが取り上げられます。確かに、クルド人の独立派武装組織による国内テロ事件が発生していることもあるものの、政権の安定や統一した政治方針が特に危機的な状況の中、極めて重要であると思います。南アの与党分裂や労働組合の政府への圧力を考えれば、トルコの優位性が明らかになります。
なお、もう一つの大事な条件は融資や直接投資の見込みである。両国は海外資本の流出という大きな問題点を抱えているがトルコは欧州復興開発銀行(EBRD)に出資する国の中に初めて同機関からの6億ドルの融資を受けることに成功し、世界銀行の支援も大いに期待している。また、12月に入ってからは政府が湾岸アラブ諸国の投資ファンドからの100−150億ドルの融資を調達する計画を公表しました。これに加えて、今、話題を呼んでいるIMFとの新協定が締結されれば、400億ドルの融資に加えて、信用回復によって資本流出を引き止めることができるに違いないです。
トルコ政府は1998年や2001年の危機から沢山のことを学ぶことが出来たようだ。この苦い勉強の成果が今となって大きな支えに代わりつつある気がします。

 



globalinfo at 18:23

2008年12月15日

 こんにちは、ショウさんです。

 まずは前回同様おさらいから。前回はお金が貯まる、お金の流れがわかるシンプルな式として

(収入−支出=貯金)×利回り

というものをご紹介しました。そしてこの式から、

『収入を増やして、支出を減らして、利回りを大きくする。』

を実践していければ、お金が貯まるとご紹介しました。

 今日はこの3点について、少し突っ込んで見てみます。まずは『収入を増やす』ということですが、これは今の仕事を一生懸命にやって、現在の仕事の収入を増やす。これが見込めない場合であれば、アフィリエイト等の副業で稼ぐという手段もあります。状況によって働けない場合は何かしらの形で『もらう』というのも『収入を増やす』ということに繋がるかと思います。
 次に『支出を減らす』についてです。これは節約するということが真っ先に頭に浮かびます。実際にそれ以外の手段は中々思い当たりませんね。難しいのは、どこを減らすかです。全てにおいて支出を最低限でやっていこうとすると、必ずといっていいほど、周りから見ると、ケチな人間に見えてしまいます。出すところは出して、締めるところは締める。という心持ちのもと、『支出を減らす』ことを考えたいですね。
 最後に利回りです。これはFXを始めとした資産運用を行っていくということです。ただ資産運用は気をつけないと、失敗してしまえばマイナスになってしまうこともあります。銀行預金などであればほとんど0に近いとはいえ0になることはありません。資産運用にはリスクが伴います。ただある程度のリスクとらないと、ある程度の利回りは望めません。今回は前回と重複する部分もあったかと思いますが、この

(収入−支出=貯金)×利回り

という式はとても大切だと思っていますので、詳しく説明させてもらいました。そしてこの式を使う上で、今の市場環境はどれを実践しやすいのか?ということを考えていただけたらと思います。どういうことかといいますと、今のように金融不安が巻き起こっているような時期に、本業にしろ副業にしろお小遣いをもらうにしろ、収入を増やす。ということは難しいと思います。また株式、為替共に悲惨な中、利回りを上昇させることも難しいでしょう。
 対して、インフレ率が大幅に低下していく中で、今後食料費の価格が下がっていくだろうことは予想されます。そうなれば、食費を削っても生活レベルを落とさないということも可能かと思います。よって、今の環境であれば『支出』という分野を抑えるのが一番手っ取り早いのではないでしょうか?皆が皆が支出を削ると、経済活動が滞って景気は一向に回復しないことになりますが、それは知っている人だけが知っているということで・・・。




globalinfo at 09:21

2008年12月13日

おはようございます、Mです。

≪ちょっと便利 (かもしれない) な設定≫

■PDFファイルをブラウザ内で開かない方法

通常、PDFファイルへのリンクをクリックするとブラウザ内でPDFファイルが開かれます。

1.こんな感じ ↓
M

















「PDFファイルを開いているのにメニューバーはIEのまま」というのは使い勝手が良くないと (私は) 思います。

そこで以下の設定 ↓
M










【環境設定】 → 【インターネット】 → 【PDFをブラウザに表示】
このチェックボックスをOffにすれば、PDFファイルへのリンクをクリックした時にブラウザ内で開かれず、Adobe Reader 9 が起動してそこにPDFの内容が表示されます。

≪ちょっと便利 (かもしれない) な設定≫をもう1つ。

Adobe Readerが起動すると、↓のような画像が表示されます。
M










画面の最前面に表示されるので、作業中のアプリが隠れてしまって邪魔に思った事はありませんか?

そんな時はこれ! ↓
M



















【環境設定】 → 【一般】 → 【スプラッシュスクリーンを表示】のチェックをOffにすればOK!

以上です!



globalinfo at 00:10

2008年12月12日

こんにちは。樋山です。

90円割れ、一時は88.20円です。95年8月以来です。
この様なニュースも出ました。
篠原財務官「過度な為替の動きに注意している」

きっかけは米自動車業界に対するネガティブニュースですね。

さて、このような状態になりますと、業者さんサイドも大変です。
このような時、私のような営業マンは何にも出来ません。
しばらく落ち着くのを待つばかりでございます。
このような時が一番キツイです。

そんなことで、一人呑気にブログでございます。
しばらく、動向を注視しないとなりませんね。


globalinfo at 13:49

おはようございます。樋山です。先日あったニュースです。

 外国通貨を売買する「外国為替証拠金取引」(FX取引)に投資するファンドを設立し、高配当をうたい文句に出資を募っていた投資会社「アライド」(大阪市中央区)が11月中旬、突然事務所を閉鎖し、社長と連絡が取れなくなっていることがわかった。出資者は大阪、東京、高知などの数百人で、総額は少なくとも約14億円に上るという。同社は金融商品取引法で義務付けられた金融庁への登録もしておらず、出資者から相談を受けた大阪府警は同法違反の疑いがあるとみて、情報収集を始めた。(2008年12月10日  読売新聞 ←詳しくは…)

 詳細のニュースをご覧頂きたいのですが、、このような方は、本当にいなくなりませんね。本当に残念です。お金の絡む世界でございます。当然と言えば当然でしょう。

 また、これからこの様な方は確実に増えます!!

 実際、自称プロと言っている人に関してですが、これはなかなか見抜けません。言葉巧みに人からお金を取ります。「わたしは大丈夫」そう思っている人ほど、術中にはまってしまいます。ではどうするか??

 人からの紹介ですとか、その様な類のお誘いには注意しましょう。それと、実際運用する方の経歴を徹底的に調べる。私であれば、たとえ年間何億を稼ごうと言う人でも、経歴を出せない怪しい人は絶対に信じません。今でも週に何件か下らないメールが来ています。パクリ記事で作られたようなメルマガです。どうも弊社かもう一社の記事に似ていたりすることも、今は黙っていますけど、データが溜まって来たら茶化しましょうか(笑)

 また、ハッキリ言って学歴ではないです。実際にプロとしての経験があるか、それなりの企業でそれなりの経験を積んでいるかどうかなども重要です。特にルール的な部分。

 人柄だけの判断も注意しましょう。ここが一番やられるポイントです。なぜ皆お金を預けるか?実績だけで預けられますか?そうです。みんな表向きは良い人なんですよ。最近にしちゃあ良い若者だな!なんて、ここのトラップには情が入るから本当に一番恐い場所です。

 お金を預けられている方、今検討されている方、今一度見直してください。

 今後、間違いなくこの様なネタは増えます!

 なぜか??今、証券会社ではかなりの人員削減が進んでいます。人が余る状況が見えてきます。転職する人、起業する人、自分で運用する人など様々です。その人たちに加え、既に投資関係をやっている人からするとたまったもんじゃないですよね。ライバルが増えるわけですから…

 人に騙されないようにするには、お金に騙されないことかと思います。


globalinfo at 09:59
スポンサードリンク
広告


マットキャピタル
風を読む
グローバルインフォ
プロの目線

記事検索