スポンサードリンク




2008年12月02日

 始めまして。『エマージング市場』のテーマを担当させていただくアニシモワ・タマラです。ロシア、南アフリカ、トルコ、ブラジル、ポーランドやスウェーデンを中心にエマージング諸国の様々な話題や出来事を取り上げて、皆様と一緒にその行方を見届けたいと思います。

 

 先週、発表されたシティグループ救済対策やオバマ次期大統領の景気刺激対策は一時的にエマージング通貨全般に活気を与え、その上昇を促した。ただ、個別な動きを比べてみると、色々面白い現象に気付く。例えば、騰落率ランキングによれば、ドルに対する最も大きく上昇したのはトルコ・リラ(9.16%)でその次南アフリカ・ランド(8.14%)だった。その差は1%ぐらいに留まった。一方、円に対しては、逆にランドが10.9%上がり、リラが第二位6.19%しか上昇しなかった。もちろん、幾つかの要因の影響があったと思われる。ただ南アは未だに利下げに踏み切っていないのに対して、トルコは先週、政策金利を思い切って引き下げている。この利下げが日本投資家の「スワップ狙い」の投資に水を差し、トルコリラの上昇幅縮小という結果に導いたのではなかろうか。

くりっく365のホーム・ページをみても121日現在、ランド円は買い建玉の3,451に対して売り建玉が88しかない。

 

 しかし、影響が増している世界経済危機の中、スワップ稼ぎの目的でロング・ポジションを持ち続けるにはそれなりのマクロ的な根拠が不可欠であると思う。さて、マクロ経済の視点からトルコと南アの現状を比べてみれば、何が見えてくるのだろうか。その続きは次にもっと詳しく話したいと思う。

 

  皆様からご意見、ご希望をいただければ、次回のブログに是非取り入れたいと思います。これからもよろしくお願いいたします

http://www.matt-i.com/bbs1.html



globalinfo at 17:02

2008年12月01日

 始めまして。これから毎週月曜日にブログを書かせていただきます、ショウさんと申します。ここのブログの他では『勝利の方程式』というHP内で、「教えて、ショウさん!?」のコラムも書かせていただいております。こちらは主にFXやトレードについて執筆しています。不定期掲載ですが、ご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非そちらもご覧ください。

http://www.matt-i.com/column/20081106.html

 こちらのブログでは『お金』をテーマに様々なことを書いていければと思っています。節約の方法などの生活の知恵や、運用方法や税金についてなど自分自身の生活の中でのお金。その他では、そもそもお金とは何なのか?お金を使った面白い遊び(不謹慎かもしれないのですが…)などなど、お金について明日から人に話したくなる小ネタ満載でお送りいたします。
 それ以外でも、私自身、決してお金のスペシャリスト!というわけではありませんから、「こんなことについて調べて欲しい!」「これっていったいどうなっているの?!」という点についても、『勝利の方程式』の掲示板にて質問、書き込みをしていただければお答えしていきたいと思っています。皆さんと一緒に勉強していければと思います。
 次回から具体的な話をしていきたいと思いますが、今日は一つ、お金の貯まる方程式をお紹介します。これは橘玲さんという方の本の中で紹介されているものので、単純な上に非常にわかりやすいものです。覚えていただくとすぐに生活で使えるのではないかと思います。その式ですが

(収入−支出=貯金)×利回り

というものです。詳細は来週お伝えします!お楽しみに!!




globalinfo at 11:24

2008年11月29日

はじめまして、土曜日担当のMです。
社内インフラ構築、サイト制作、ブログの管理などを担当しています。

http://www.matt-i.com/bbs1.html
「勝利の方程式」掲示板では管理者Mという名前で書き込みを行っております。

では早速...
誰も興味ないかもしれませんが、PC環境を書きたいと思います。
CPU : Pentium4 - 3.4GHz (Intel)
Memory : 2GB (SAMSUNG)
HDD : Western Digital 160GB + Western Digital 160GB(RAID 1)
OS : Windows XP Pro (Microsoft)
VGA : Radeon X1300 (xiai)
Display : 3 Monitors

モニタが3画面あると、ものすごく作業効率が上がりますね。
以前は10画面構成のPCを触っていたのですが、多ければいいというものでもなく、
3画面くらいが丁度いいんじゃないかと思います。皆さんも是非!!

…為替や株式に全く関係の無い話ですみません。
次回からはもうちょっと役に立つ話やシステム売買等の話をしていきたいと思います。

あと、明日はブログの更新はありません。
来週月曜日はショウちゃんの番です、皆様お楽しみに!!

※不定期更新ですが「教えて、ショウさん!」もよろしく!
http://www.matt-i.com/column/20081106.html



globalinfo at 01:00

2008年11月28日

こんにちは。GIで営業を担当しております、樋山と申します。HNは坊’sです。
さて、こちらのブログはスタッフブログという事もあり、様々なことを書いていきたいと思います。

ま、私は主にFX業界のこと、また個人的に大前研一氏創設の「一新塾」というNPO団体の政経塾にも所属しており、そこでも小ネタがあれば出していきたいと思います。

他のメンバーとは異なる内容になるかとは思いますが、宜しくお願い致します。

globalinfo at 11:59

2008年11月27日

 皆様、はじめまして。木曜日担当のIVと申します。ちなみにIVとはインプライド・ボラティリティ=予想変動率のことで、「4=検廚里海箸任呂△蠅泙擦鵝すいません、どちらでも良いですね。
 ここでは、週に1回ですので為替相場に関してはもちろん、個人的にとても興味のある日経225先物やオプションについて書いていきたいと思います。正直、先物やオプションについてはまだまだ、勉強しなければならないことが多く、すでに取引をされている投資家の方にはつまらない基本的なことばかりになってしまうかもしれません。これからいっしょに勉強、考察していくというスタンスで見て頂くと幸いです。
 すべてのトレードに共通することですが、「常に」通用する手法はないと考えています。一定の期間は有効であっても、いつかその手法が通用しなくなる時は来るはずです。オプションは完璧なゼロサムゲームですが、かならずしも上級者やプロばかりが儲けている市場ではないと思っています。人より敏感に相場の雰囲気を感じ取ったり、人よりも常に創意工夫しているトレーダーが「長期的」に利益をあげていく事が出来るのでは?と考えています。

 さて、26日の外国為替市場では一昨日のまったく逆の動きとなりました。とくにユーロ・ドルの下落やドル・スイス上昇が目立ちました。これは25日にドルショートのポジションに偏った反動にくわえ、きょう27日の米国市場が感謝祭の祝日で株や債券など休場となるため、ポジションを調整する動きが強まったためだと思われます。
 また、クロス円はダウが160ドル安から200ドル超の上昇に転じたことで円売りが優勢となりました。とくに、オセアニア通貨が対円や対ドルで買われました。米国もダメ、ユーロ圏もダメ・・・という思惑があったがどうかまではわかりませんが。

 このほか、FRBが発表したMBS買い取り策などが引き続き意識されて、米国債利回りの低下(価格の上昇)が目立ちました。10年物国債利回りは一時 2.97%台と50年ぶりの低水準まで低下しました。米国も日本のように「ゼロ金利」になるのでしょうか?ちなみに、国債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は過去最大水準に拡大しております。まあ、これだけバシバシ公的資金を投入すれば・・・。


 来週は、この状況でどのようなポジションが組めるかを考察していきたいと思います。ちなみに(下押し圧力は依然強いですが)すぐに一方向に相場が動く状況にはない=レンジ相場だと思っております・・・いかがでしょう?

globalinfo at 10:39
スポンサードリンク
広告


マットキャピタル
風を読む
グローバルインフォ
プロの目線

記事検索